職人たちの技術、
想いを紡いで作る
至極の包丁

弊社は、1917年に創業し、これまで数多くの和包丁を
世に送り出し、日本の食文化に貢献して参りました。

堺の和包丁は分業制で、鍛冶職人、刃付職人、柄職人は、
代々伝統の技術を継承しております。

弊社ではそのような職人の想いや技術を紡ぎ、
一本一本丁寧に製作・仕上げを行っております。
今後も、堺及び各産地の良質な包丁を通して、
食の世界に貢献していきたいと考えております。
是非一度、弊社の包丁をお試しください。

六百年の伝統を誇る堺の和包丁に加え、
日本の良質な洋包丁も
トータルで販売致します。

高橋楠では、堺市に加え、日本の刃物有名産地である、岐阜県関市、福井県越前市(武生)、新潟県燕市三条市、高知県土佐市等の職人やメーカーとも直接取引しております。

熟練した堺の職人が作る
至極の和包丁をお届けします。

堺刃物は片刃であること、打刃物であることが特徴です。
片刃であるが故に、その卓越した切れ味で、
食材の旨味や風味を最大限に引き出します。
また、何度も叩くことに名が由来する打刃物は、
叩いて鋼の分子を細かくすることで欠けにくくなり、しなやかに粘り、
切れ味が長く持続します。

堺の刃物について

洋包丁で有名な
各産地の優良メーカーにて 洋包丁を製作しています。

日本で有名な洋包丁の産地である関・武生・燕三条の優良メーカーにて、 各種ステンレス鋼材、槌目やダマスカスなどの各種模様など、 幅広い洋包丁の製作を行っています 。

オリジナル商品

オリジナル商品の一覧はこちら

高橋楠ではお客様の要望に合わせて、お客様独自の商品も製作しております。
こちらでは、その一部の製作実績をご紹介致します。

水本焼 白一鋼 柳刃
花梨瘤杢銀巻八角柄

本焼 鏡面 牛刀 黒檀柄

黒打 白二鋼 柳刃 朴八角柄

銀三 筋引 一位八角柄

青鋼 ダマスカス
柳刃 黒檀八角柄

本焼 鏡面 和三徳 漆柄

粉末ハイス 鏡面
柳刃 黒檀八角柄

青鋼 ダマスカス
和ペティ 一位八角柄

銀三 和牛刀 黒檀八角銀巻柄

水本焼 白一鋼 先丸タコ引 総銀口輪黒檀八角柄

水本焼 白一鋼 先丸タコ引
総銀口輪黒檀八角柄

本焼 和牛刀 花梨瘤杢 人口大理石巻

本焼 和牛刀
花梨瘤杢八角柄
人口大理石巻

青一鋼 ダマスカス 和三徳 黒檀八角柄

青一ダマスカス 和三徳
黒檀八角柄

ダマスカス 青鋼 中華

青鋼ダマスカス 中華包丁

水本焼 白一鋼 柳刃・正夫 象牙口輪黒檀八角柄 黒檀鞘

水本焼 白一鋼 柳刃
象牙口輪黒檀八角柄

高橋楠について

堺包丁の販売

高橋楠では、市場の刃物店様、市街の金物店・小売店様、キッチン雑貨店様などへ包丁の販売を行っております。
弊社は、創業以来、小売店様と100年のお取引の実績があり、多様なニーズに応えて参りました。
サンプル送付が可能な商品もありますので、是非一度お試しください。

詳しくはこちら

OEMの実績、ご案内

高橋楠では、市場の刃物店様や、市街の金物店・小売店様と幅広くお取引させていただいております。

詳しくはこちら

高橋楠の銘

江戸時代に名を馳せた刀職人『虎徹』にちなみ、 先代の高橋楠太郎が「虎徹の包丁」の意で命名しました。
上質な包丁に『一刀斎虎徹』の銘を入れています。

「堺」発の刃物であること、刃物鍛冶は刀鍛冶をルーツにしていることから、かつての刀工『一文字』にちなみ、命名しました。
リーズナブルな包丁から上質な包丁まで幅広く『堺一文字一平』の銘を入れています。

代表挨拶

職人の技術が詰まった真の包丁を
一人でも多くの方に
使っていただきたい

高橋楠は2017年に創業100周年を迎えました。
これも一重に堺及び各地方の職人・お客様・お取引先各位のお陰に因るものです。
弊社では、職人の技術や想いを紡ぐべく、真の和包丁を一本一本心を込めて丁寧に、製作して参りました。
そしてそれは次の100年も変わりません。
今後も、各産地の良質な包丁を一人でも多くの方にご使用いただき、料理をより楽しんでいただきたいと考えております。
今後とも変わらぬご愛顧を何卒宜しくお願い申し上げます。