洋包丁

洋包丁はほとんどが両刃であり、上からの目線通りに切れるのが特徴です。 ほとんどがステンレスで錆びにくいことから特に家庭で多く普及しており、本職の方も好む方が増えています。

  • 家庭用三徳・万能・文化

    家庭で最も用いられている包丁です。野菜を切ることに重きをおいた形状になっておりますが、肉・魚を加えた三種に用いられるので『三徳』と呼ばれます。

  • 骨を切る洋出刃

    和包丁の出刃を両刃にした洋包丁です、出刃と同様に魚を骨ごと切る際に用いられます。また、冷凍食材や甲殻類に用いられることもあります。

  • 肉を骨から剥すガラスキ

    鶏を捌く際に用いられ、骨スキより大きくなっています。

  • パンを切るパン切

    波の形をした刃がついていることが多く、のこぎりを引くように用います。バゲットなどの硬いパンもスライスすることができます。

  • 肉を骨から剥す骨スキ

    肉を骨から切り離す際に用います。洋包丁の中では刃に厚みがある方で、骨に当たっても欠けにくくなっています。アゴがある東型(角型)とアゴがない西型(丸型)があります。サバキとも呼ばれています。

  • 野菜・果物を
    切る
    ペティ

    野菜や果物の皮むきや飾り切りに用いられます。牛刀を小型にしたような包丁です。