柳刃・正夫

刺身を引く

関東では柳刃、関西では正夫と呼ばれています。少し前までこの形は、関西型の刺身包丁でしたが、今や関東でもこの形の包丁で刺身を引いています。菖蒲に形が似ていることから正夫(しょうぶ)と呼ばれています。

180mm
210mm
240mm
270mm
300mm
330mm
360mm