鎌薄刃

和包丁

野菜

これ一本で「剝く」「刻む」といった野菜におけるすべての作業をこなし、繊細な料理の実現の手助けをしてくれる包丁です。両刃の『菜切』と片刃の『薄刃』があり、『薄刃』は関西では鎌型、関東では角型が主流です。

  • 料理学校の方へ鎌薄刃

    関西型の薄刃包丁です。切っ先が丸いのが特徴で、刃元で皮をはぎ、中央部分で皮をむいたり面取りをし、刃先で飾り切りをします。

  • 料理学校の方へ角薄刃

    関東型の薄刃包丁で、江戸薄刃と呼ばれることもあります。切っ先が四角いのが特徴です。

  • 面取り・皮ムキ

    鎌薄刃の小型版の包丁です。片刃と両刃があり、その名の通り、野菜の皮むきに使用します。

  • ムキモノ・剣ムキ

    野菜における全ての作業をこなせるという点で、薄刃と用途は同じですが、厚みが少し薄くなっており、切っ先は三角形になっている包丁です。

  • 京型菜切

    菜切は薄刃と違い、両刃の包丁で、一般的に黒打*が多いです。切っ先が少し曲がっているのが京型で、地成型とも呼ばれます。

    *包丁の土台となる鍛冶で製作した「地」の黒い状態を残しながら、切れ刃の部分を刃付けした包丁

  • 西型菜切

    西型は、長方形の形をしている菜切包丁です。

1