骨切 鱧切

和包丁

特殊包丁

特定の素材に特化した包丁です。

  • 骨切

    骨切・鱧切

    小骨の多い鱧を捌く際に用いるため、峰を厚くすることで、重くしています。一方で、この包丁は、細かく骨を切っていけるように刃先は薄くなっています。

  • 中華

    中華

    堺打刃物の工程で製作した中華包丁です。薄口、中厚、厚口があり、薄口は野菜用、中厚は万能、厚口は骨などの硬いもの用に使います。

  • 麺切

    麺切

    うどんやそばを切るのに用いられます。一度で一本の麺が切れるよう長さは9寸(27cm)以上になっています。また、重さを利用して切るため重い仕様になっています。黒打**の他にミガキ*もあります。
    *包丁の土台となる鍛冶で製作した「地」を磨いて、全体を包丁によくある銀色にした包丁
    **「地」の黒い状態を残しながら、切れ刃の部分を刃付けした包丁

  • 鮪切

    鮪切

    巨大な鮪を解体し捌くための包丁で、長さは主に2尺(60cm)~3尺(90cm)程度が一般的です。形は蛸引に類似しています。

  • 切付

    切付

    関東型の身卸包丁になります。

  • 寿司切

    寿司切

    主に大阪の太巻きや押寿司を切るのに使用される包丁です。8寸(24cm)が一般的なサイズです。

1